top of page

    小樽学~2024    

―後志でなにが生産されているの―

05月号

05月号

ベニソン工房 EBIJIN

たくさんの人に鹿肉を食べてもらうには、どうしたらよいのか。本来は本格的にステーキで食べてもらいたいが、どうしても価格が高くなる。そこで挽肉にすれば手頃な価格で提供できると考え、、、、

ホームページ
04月号

04月号

株式会社 棒丸内海商店

「にしんの余市干し」の開発のきっかけは、魚の消費量が減っている現状と、身欠きニシンに加工できない小さいニシンを商品化。余市町ふるさと納税返礼品(1,000円寄付対象)の人気商品。

ホームページ
03月号

03月号

株式会社いわない高原ホテル(イワナイブルワリー&ホテル)

ビールづくりでこだわったのは地域性。使用するホップはもちろん岩内産。岩内町では現在、5種類のホップが生産されている。道内でのホップ栽培は富良野が有名だが、岩内は雨の少ない冷涼な気候で、涼しい潮風が町全体に吹き抜け、湿気のこもりにくい地形はホップの栽培に適しているといわれている。

02月号

02月号

株式会社デリシャスフロム北海道

前田さんは常に自分の立ち位置を製造メーカーではなく料理人、提供者としての発想で商品開発をしている。良いものが出来たから売るのではなく、料理人として提供したいもの、お客様が何を望んでいるもの、どれくらいの価格なら買うのか、どこになら売れるのか、ということを常に考えている。前田さんの経験値は会社の強みであり、今後もこの視点を大切にして開発していくのだろう。次の計画、構想はすでにたくさんある。

01月号

01月号

株式会社 本間松蔵商店

倶知安町のじゃがいもの歴史は明治25(1892)年に第一次移住者のひとりであった真鍋浜三郎等によって栽培されたのが始まりとされ、その後、形の良いじゃがいもだけを選んで種いもを作り続け、長い歳月をかけて品質の良いじゃがいも栽培に成功した。そのじゃがいもは倶知安町内で栽培が広がり、北海道の特産品「蝦夷錦(えぞにしき)」として本州に出荷されるようになっていった。その後、作付けされる品種は次第に「男爵」へと移り変わっていった。

bottom of page